親知らず

抜歯が必要かどうかを判断する基準

親知らずが適切に歯磨きできない状態にある場合や、歯並びに悪影響を及ぼしている場合、すでに大きな虫歯になってしまっている場合などの時は、抜歯の必要性があります。これによって、ご自身で管理が難しい親知らずを取り除くことで、お口の環境を整えることができます。一方、適切にお手入れができる状況であれば、抜歯せずに大切に残すこともお勧めしています。

抜歯が必要な場合はどんな時

下記の状態であれば、抜歯する必要があります。

  • 親知らずに歯茎が被っていて、繰り返し腫れてしまうとき
  • お手入れができずに虫歯になっているとき
  • お手入れができないために手前の歯に虫歯をつくってしまうとき
  • 矯正の治療の妨げになる時とき

歯や骨の状態、神経の通り道との位置関係などをレントゲンで確認し、抜歯の計画を立案します。リスクが高い場合には、口腔外科専門の先生をご紹介しております。何かご不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

親知らずの治療費

保険適用が可能です。

お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

お口のことでお悩みでしたら、古畑歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 04-2939-4591
  • contact_tel_sp.png
  • Doctors File ドクタ一ズ・ファイル 当院のドクターが掲載されましたDoctors File ドクタ一ズ・ファイル 当院のドクターが掲載されました
  • 医院ブログ BLOG医院ブログ BLOG
  • 歯医者さんがおすすめする 歯科医院 2018年 歯医者の選び方当院のドクターが推薦されました 2年連続歯医者さんがおすすめする 歯科医院 2018年 歯医者の選び方当院のドクターが推薦されました 2年連続

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC