古畑歯科医院からのお知らせ

2021.01.18更新

院長の古畑です。

最近当院のブログではよくお料理の話題が出てきます。

歯科医院なので、頑張って歯を治療することができた後は、食事を美味しく摂っていただけることがやはり嬉しいのですが、食事の傾向がお口の健康に影響することがあるのであれば、やはり考えなくてはならない問題になります。

例えば、痛かった入れ歯が痛くなくなった時。

急に食べられるようになるのですが、痛い時に食べられるものを食べていた食習慣が簡単に変わらないかもしれません。「とりあえずカロリーになるものを・・・」と食べていた習慣が、食べられるものが増えた後も続いてしまうと、栄養が偏ったり、カロリー過多になってしまい、体調を崩してしまうようでは本末転倒です。

FDC COOKINGではその辺りについても、これまで以上に充実した内容をご案内できるように取り組んでいきたいと考えています。

 

さて、本題はちょっと違います。

最近の外国の学会の論文誌に

「食事の傾向は歯周病の進行に影響するか?」という疑問に取り組んだ研究が掲載されました。

(A Alhassani, et al(2021) The associations between major dietary patterns and risk of periodontitis.J Clin Periodontol 48, 2-14)

西洋食(肉や卵,チーズ,バター、精製穀物などが中心の食事)型の生活の方と

地中海食(豆、魚、鳥、野菜、果物、非精製穀物などが中心)型の生活の方の歯周病の状態の変化を比較した研究です。

これまでこういった研究はされていなかったのでとても興味深く読みました。

 

結果は「全体としては西洋食・地中海色は歯周病の進行には影響しない」というものでしたが、

「肥満の人に限って、地中海食の人の方が西洋食の人よりも歯周病の発生率が23%低い」

という結果も出ています。

体重が気になる方は、歯周病のコントロールのためにもやや地中海食よりの食習慣に変えてみても良いのかもしれません。

(地中海食は糖尿病の発生リスクを上げるという指摘もあるので糖質の摂取量には注意が必要です)

 

今後も食生活の傾向が歯周病に与える影響についての研究で、面白いものがあればご紹介します。

western diet

投稿者: 古畑歯科医院

2021.01.12更新

院長の古畑です。

FDC COOKINGの第2弾のお知らせです。

今回は、「鶏ささみのカレーピカタ」です。

糖尿病の方や、ダイエットなどでカロリー制限をされている方にぴったりのレシピです!

レシピカードは当院の受付で配布しております。

鶏ささみのカレーピカタ

私も作って家族に食べてもらいましたが、カレー風味で子供も喜んで食べてました。

辛いものの苦手な小さなお子さまがいらっしゃるようでしたら、カレー粉を少なめにしても良いかもしれません。

20分ほどで、私でも簡単にできました♪

 

糖尿病は、歯周病を悪化させる要因としてとても大きなものです。

実際、糖尿病をお持ちの方は、そうでない方と比べて歯を失う本数が多いことがわかっています。

また感染しやすくなってしまうことから、外科的な治療に制限が出てしまうこともあります。

お口の健康を長く維持するために、糖尿病のコントロールはとても大切です。

 

また、コロナウイルス感染症対策として、STAY HOMEを心がけていらっしゃると思いますが、

長期にわたって自粛期間が続くことで、運動不足などで体重増加の悩みを持つ方が増えているそうです。

食生活から体づくりを見直したい!という方にも、今回のレシピは是非試していただきたいです。

当院の管理栄養士さんが頑張って、とてもすてきなデザインで作ってくれました^^

 

お会計の際に、受付の右手に設置してあります。

是非お試しください!

投稿者: 古畑歯科医院

2020.12.21更新

院長の古畑です。

 

歯医者さんをやっているからには、やっぱり美味しくご飯を食べていただきたい!

そして栄養のバランスを考えて、健康的な食事を楽しんでいただきたい!

栄養面からも患者さんの健康増進をサポートしたい!

 

お口と栄養は切っても切り離せない大切な関係です。

そして、当院には管理栄養士のOさんが在籍しています!!

 

当院の管理栄養士と相談して、歯医者さんの治療と結びつきの強い病気を予防するための

オリジナルのレシピ「FDC COOKING」を一緒に作ってお届けすることにしました、

FDC COOKING2

第1弾はカルシウム

骨粗しょう症でお薬を飲まれている方も多くいらっしゃいますが、

女性は特に20代までにカルシウムをしっかり摂取することで、

骨粗しょう症をある程度予防できると言われています。

また、カルシウムは足りなくなりがちな栄養素ですので、気軽に取れて美味しいレシピを

Oさんが作ってくれました^^(デザインも全部やってくれています!)

 

かぼちゃのミルクそぼろ煮

私も作ってみましたが、カルシウム不足を補いつつ、とってもおいしい1品でしたihi

そして私にもできてしまう簡単レシピ!おすすめです!

FDC COOKING

こんなふうに、受付で配布しています!

よろしければ、お気軽にお持ちいただいて試してみてください^^

作ってみていただいた方に感想などもいただけたりすると、とっても嬉しいです!

今後も時々新しいレシピをご紹介します。

投稿者: 古畑歯科医院

2020.11.24更新

院長の古畑です。

今日は料理のお話です。

たまたまスーパーでハヤトウリを見かけたので購入しました。

私がよく行くお店には普段はあまり置いていないのですが、

安くて食感が好きな食材なので、見かけるとついカゴに入れてしまいます。

 ハヤトウリ

今日は当院の管理栄養士さんにおしえてもらった

「ミルクきんぴら」をハヤトウリと人参で作ってみました。

糖尿病や高血圧、糖質制限中の方、ご妊娠中の方や成長期のお子さんにおすすめです。

ハヤトウリのミルクきんぴら

<材料>

ハヤトウリ 一つ(300gくらい)

人参 100g

ごま油 適量

赤唐辛子 適量

牛乳 100ml

羅漢果糖 小さじ1

醤油 大さじ1

酒 大さじ1

<作り方>

ハヤトウリは皮を剥いて種を取り除いて千切り、人参も千切り

フライパンや鍋でごま油を熱して、ハヤトウリと人参、赤唐辛子を入れて食材がしんなりするまで炒める。

調味料を全て入れて、汁気がなくなるまで煮詰めて完成。

 

ハヤトウリは灰汁が強いので、素手で調理すると手が荒れやすいのが難点ですが、

調理自体はとても簡単です。

子供が食べやすいように、今日は唐辛子は入れませんでした。

普段は甘辛い味付けで作るきんぴらですが、牛乳を加えて仕上げることで

優しい味わいで塩分を抑えて作ることができます。

カルシウムを取ることもでき、ゴボウやハヤトウリなどの食物繊維が豊富な食材を取ることで

腸内環境の改善にもつなげることができます。

 

また、ハヤトウリは葉酸やパントテン酸が豊富な食材です。

パントテン酸は免疫を高めてくれる効果も期待できる栄養素なので、

コロナウイルスが流行っている今の時期にはいいのかもしれません。

 

またハヤトウリ自体はカロリーが低いので、カロリー制限中の方にも心強い食材です。

ミルクきんぴらも美味しかったですが、スープに入れても優しい味わいでおいしいのでおすすめです。

砂糖も羅漢果糖を用いて虫歯の原因となる糖質とカロリーの摂取を減らしてみました。

羅漢果糖は甘味が強いのでかなり控えめにしてありますが、砂糖であれば小さじ2杯くらい入れてち良いと思います。

 

機会があれば試してみてください^^

投稿者: 古畑歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

お口のことでお悩みでしたら、古畑歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 04-2939-4591
  • contact_tel_sp.png
  • Doctors File ドクタ一ズ・ファイル 当院のドクターが掲載されましたDoctors File ドクタ一ズ・ファイル 当院のドクターが掲載されました
  • 医院ブログ BLOG医院ブログ BLOG
  • 歯医者さんがおすすめする 歯科医院 2020年 歯医者の選び方当院のドクターが推薦されました 4年連続歯医者さんがおすすめする 歯科医院 2020年 歯医者の選び方当院のドクターが推薦されました 4年連続

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC